2008年12月30日

歳末が夜警が無事に終わりました。



歳末夜警が無事に終わりました。

12月27、28、29日の3日間の歳末夜警の巡回が無事に終了しました。

3日間で、都合91人の方が参加してくれました。

毎日、9時からと、10時からの2回、町内を巡回いたしました。

寒さもそれほど厳しくなくて、おだやかな天候で、けが人もでなくて

ほっとしました。

拍子木と、火の用心の掛け声をかけながら、

町内を廻っていますが、大勢の方が、声を出せるようになりました。

毎年、毎年地道な活動の成果だと思っています。

声をかけながら廻っていますが、家の中で、この声を聞く人よりも、

廻っている人に福があるかと思います。


廻っている人達が中良くなるのは、言うまでもありませんが、

声を出して廻ることの大事さ、きっと何事にも、積極的になれる訓練かと思います。

何気ないことかと思いますが、年配の方にも、声を出すことは、若さの秘訣です。

声を出せたことが、自分の健康の自信にもつながります。 

夜の寒さのなかでの大きな声の発声は、すごいエネルギーがいります。

小さな子供も参加してくれました。

これは、子供達にとっても、いい経験になったと思います。

大人に混じって、規律を守って回りますから、自分勝手は許されません。

我がまま勝ってが、許される家庭と違って、大人との団体活動は、

小さな子供にとっても緊張の時間だったことでしょう。

そして、拍子木を打ったり、大きな声を出したりの夜回りは、

とても大事な経験になったのではないかと思います。
地域の活動をともに実践し、誉められたりしたことで、

いい自信にもつながることでしょう。

今年の歳末夜警は、大きな収穫があった年になりました。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:12Comments(2)町会行事

2008年12月28日

歳末夜警



いろんな準備をしましたが、ようやく歳末夜警の初日を迎えました。

今年は、3件のお母さん方から、子供達が一緒にまわりたい”と

言っているのですが、大丈夫でしょうか?”と、問い合わせがありまし

た。


一応役員会にはかり、父兄同伴と、早い時間の一回のみの条件で、OK

がでました。

軽食を用意するので、係りの女性は、2時から支度をしてもらいました。

そして、7時に、行灯に火が入り歳末夜警らしくなってきました。

料理も準備が整っています。

お汁粉、肉じゃが、すいとんの3品です。

それにミカンが1箱、お酒が陣中見舞いの熨斗をつけて、何本も届き

ました。8時過ぎから、大勢の人達が続々と、集まってきます。

それから、賑やかな声がしてきたかと思ったら、小学生が5人も、

おばあちゃん、お母さんに連れられてやってきました。

その他に、おじいちゃんに連れられて、2人やってきました。

都合7人です。


参加者名簿に書ききれないぐらいの人数になってきました。

狭い集会所は、人の話し声で、蜂の巣をつついたような騒ぎです。

外は、寒いので、くれぐれも足元の用心と、喉を痛めないように、

のど飴を忘れないようにさせ、班分けをして出発です。

北方向まわりと、南方向周りの二班です。

私の班には、子供達3人が加わりました。

最初からとても大きな声がでます。火の~よう~じ~ん~。

頼もしい感じです。

途中で、3年生の子が、拍子木を打ちたいといい始めました

まだ早いんじゃないの? 来年まで待ちなさい”

その子のお母さんが言いました。

すると、拍子木をもっていた、副町会長が、やってみな”

と、拍子木を渡したのです。

私は、横でお~っと思いました。

お母さんと一緒で、まだ早いんじゃないかと思っていたからです。

案の定、上手く打てません。

拍子木に引っ張られる、火の用心の声も乱れます。

そこで、私も、リズムのとり方を、教えてあげました。

すると、すこしずつ、すこしずつ、拍子木の音が、まともになってきた

のです。火の用心の声も出ています。

人を育てるのは、こういうことなんだな~と、感心しました。

副町会長は、やはり、伊達ではありません。

子供の気持ちを汲み取るのに敏感です。

大きな子が拍子木を上手に打ったのに吊られて、その後も二人の子も

打ち始めました。

やれば何とかなるもので、嬉しそうに3人の子供達は、夜回りを

したのです。明るい声が、町内に響き渡りました。


子供たちも嬉しかったのでしょう。喜んでお土産をもって帰って行きま

した。

巡回を終えたら、さっさと帰ってしまうのが普段の夜回りですが、

今夜に限り、みんな帰らずにお茶を飲みながら、1時間も雑談をして

おりました。子供達が残してくれた余韻は、大人の気持ちも熱くさせた

ようです。




http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/




  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 15:51Comments(0)町会行事

2008年12月18日

冷たい雨の酉の市





昨日は、和楽備神社の酉の市でした。

家内が、子供達の補導係りをやっています。

夜、酉の市に遅くまで出歩いている子供達を補導するため、巡視をする

と言うのです。

けっこう、いかめしい名前の夜回りです。

が、しかし、その実態は、散歩です。

ただ、腕に腕章があるだけです。

昨日は、ひどい雨でした。

水溜りの中を、靴の中までびしょびしょになるようでした。

男性二人、女性三人で、出かけました。

あちこちで、交通取締りの知り合いの方に出会います。

”雨でお役ご免とおもっていたら、呼び出しがかかっちゃったよ”

こぼしながら、雨合羽をきて、交通整理をしている知人に出会いました

ほんとに、おつかれ様です。

出店が、境内の近くから、駅の通り近くまでずっと続いていますが、

この雨で客足は、ぱったりです。
  

境内の中では、威勢の良い掛け声が聞こえますが、   

人が傘を差していてもすれ違えます。

これが天気がよいと、大勢の人で、ごった返して、人も袖が擦れ合って

はぐれそうになるくらいです。 

でも今日は、端から、端まで見通せます。

天気のよしあしで、客足は、こんなに違うんですね。

”かっぱぎ”というのでしょうか、箒に飾りがいっぱい施してある

縁起物をいっぱい大きいのや小さいのいろいろ、かざっています。裸電

球の下で、色とりどり、きれいなものです。


朝の散歩で神社の境内を通りますが、その時刻から、飾り付けをして

いたのです。

ホンとに、この雨は商売人にとって、無情の雨になってしまいました。

補導の仕事も、まったく無縁でした。

子供達の姿もまったくありませんでした。

冷たい雨の中、大人も子供も、浮かれてる人は、いませんでした。  
タグ :酉の市


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 10:58Comments(0)暮らし

2008年12月17日

切ってみました、ドラゴンフルーツ




もういいだろう、って感じで、切ってみました。ドラゴンフルーツ。

見栄えもすごいけど、切ってもすごい色です。

赤紫です。その中に小さなゴマみたいな種があるような感じです。

早速食べてみました。

とろ~っとしています。

種は、小さいので、気になりません。

甘みの他に酸味も感じます。

息子が言いました。

キィウイーの従兄弟みたいなあじだね。”

そうかもしれません。

食べてみた飲み込んで、う~ん、似てるかな~と、思いました。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:15Comments(0)おいしいもの

2008年12月16日

寒い朝でした。



昨日は、寒い朝でした。

子供達が、凍った歩道橋で、きゃっ、きゃっいいながら、滑るのを楽しんで、学校へいっていました。

駐車場の車は、どの車もウインドウが凍っています。   

日が昇る前に出かける人は、苦労するでしょう。

わたしは、日が昇ってから、出かけることにしました。

しかし、どういうことなのでしょうか、茨城にでかけたのですが、

あっちでも、こっちでも、交通事故に出くわしたのです。    

追突して、2台とも畑の中に突っ込んでいるのや、消防車も駆けつけるような事故。

3度もみると、いやでも慎重になります。

こんどは、じぶんの番か?とおもうと、つい、緊張してしまいます。

ブログの掲載に写真でもと、思いましたが無理です。

事故を起こして、困っている人達にカメラを向けるなんて、とても出来ません。

きっと、急いでいる人達同士が、運悪くぶつかったのでしょう。

もうちょっとの慎重さがあれば、避けられたのかもしれません。

12月も押し迫ってきました。

いろんな人達が、あせり始める季節です。交通渋滞もあります。

車に乗る人は、あせらずにハンドルを握って欲しいと思います。
  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:52Comments(0)暮らし

2008年12月13日

こんなところでも、なるんだ?





散歩の途中に、不審者ではないのですが、珍しいものは、ないか?

と、思いながら歩いているので、つい、視線があっちにきょろきょろ、

こっちにきょろきょろしています。

その甲斐あってか、結構珍しいものをみつけます。

福岡に帰ったときも、やはりありました。

家内の実家から、私の実家へ帰る途中のことでした。

距離にして、2キロ前後、電車の一駅の距離です。

家内と二人で歩いていたのですが、10階立てのビルが正面に

見えたとき、ビル全体が暗いのに一部屋だけ明るいところが

ありました。


そして、なにやら、黒い影が動いているように見えたのです。

動かなかったら、気が付かなかったのかもしれません。

そして、その影は、なにやら、くっついたり離れたりしているのです。

どうみても、若い二人が、熱いキッスをしているように、見えました。

横を歩いている家内のひじをつつくと、

まあ、変なものばっかり気が付くんだから”

あたまをぽんと、叩かれて、たしなめられました。

4階の出来事を近ずいてみるわけにも行かず、あとは、想像の世界です。

カーテンもなくて、明るいライトのなかで、影絵のように、動くふた

りは、007のオープニングのようでした。

そんなこともあったのですが、

いつもは、空の変化や、木々の様変わりを、気にして歩いています。

すると、あるお宅の塀の上に、すさまじい果樹がありました。

みかんのようですが、その大きさが馬鹿でかいのです。

子供の頭の大きさほどあります

ザボンかな?

鹿児島あたりは、普通になっているのでしょうが、

蕨のこんなところになっているなんて、ちょっと信じられません。

廃棄ガスの影響か? 黒い雨だれがミカンの皮にかかっているようです

おまえ、がんばってるな”

ザボンに声をかけたくなりました。
  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 17:27Comments(0)暮らし

2008年12月11日

あなたなら、どうしますか?







昨日の夕方、もう日も暮れかかりはじめたころだったでしょうか、

ちょっと、歩き足りなかったので、散歩に出ました。
夕日がきれいでしたが、あっという間に沈んでしまい、月がうっすら

と見えています。

新幹線の高架の下は、結構散歩をするひとがいます。

途中に野良猫が数匹たむろしているところがいます。

餌をあげている女性を時々見かけます、このばしょは、あっかんベーを

された猫がいるところです。
その場所を通り過ぎて、駅の近くの本屋さんに立ち寄りました。

藤沢周平の本を一通りチェックして、まだ読んでいない本がなかったろうか?

それから、池波正太郎の本もチェックして、その他の本で、  

おもしろそうな本がないか、いろいろ手に取っていたときです。

どーん、がが、がが、が~っと、異常な音がしたのです。

なんだろうと思いましたが、すぐには、本屋さんから飛び出したわけではなく、   

何もおもしろそうな本がなかったので、本屋さんを出たのです。

すると、さっきの原因がわかりました。

本屋さんの前のガードレールに、スイミングスクールの送迎バスが、

左のドアから、後ろまで引っ掛けて、後部フェンダーにガードレールの

端がひっかかっています。

5~6名の通行人と、運転手と助手がああでもない、こうでもないと

言い合いながら、バスを進めたり、後戻りさせたりしているのですが、

だんだん、ガードレールにタイヤが食い込んでいくではないですか。

バスには、親子二組が心配そうに乗っています。

一人の野次馬が、いかにも俺が正しいと、言わんばかりに仕切ろうとしているのですが、

それを聞いていた運転手は、まさに、どつぼに

はまって、もう、自分の意思がないようでした。
お客は乗せているし、時間がなくてあせっているようです。

野次馬の指示に従って、ハンドルを右にいっぱいに切って前進させると

フェンダーが、ガードレールに引っかかります。今度は、逆に切って

後退させると、タイヤにガードレールが食い込んできました。

もう運転手は、頭から湯気をたてています。  

私は、本屋さんの店員に、スパナがないか聞いてみました。

スパナで、ガードレールを分解させると、いいのではないかと思った

のですが、残念ながら本屋さんには、工具はありませんでした。

さりとて、自分の事務所に戻るには、時間がかかりすぎます。

私には、なすすべがありません。

わたしは、野次馬に徹して運転手の困った顔を見てられなかったので、

その場を離れました。

私も昔、大きな車に乗って、左の角を曲がった時に、タバコ屋のテント

を壊したことがあります。どうやっても、テントが食い込むばかりで

とうとうテントを引っ剥がしてしまいました。

そんなことを経験したことがあるので、見ていられなかったのです。

さて、あなたなら、どうしますか? 

写真の絵は、娘の結婚式に使った花束を絵にしたものです。  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:50Comments(0)暮らし

2008年12月10日

干し柿の美味しいこと





今年の10月28日に友人に貰った渋柿を干しました。

皮を剥いて、二個を紐で縛り、熱湯消毒を0.1秒。さっと熱湯にくぐらすだけ。

そして、軒下に吊るしました。

その後の好天気に恵まれたせいなのか、これまで以上の仕上がりです。

なんといってもその甘さ、絶品です。11月の21日に、ちょっと味見をしてみると、皮が程よい堅さで、かじって

みると、中は、とろっとしています

そこで、全部おろして、サランラップでくるんで、冷凍保存にすることにしました。

聞きかじりですが、こうしておくと、堅さと中のトロットした甘さがそのままに残り、正月ごろも楽しめるよ”ということでした。

しかし、40個しかないのに、正月までもつのかな。

ちょっとだけ、ちょっとだけといいながら、2こ、3こと冷蔵庫から、私が出して、かじっています。

うん、うまい” 自覚自賛は、おかしいものですが、食べて自賛するのは、納得がいきます。

友人に貰った渋柿の枝を、2年前に、自宅の渋柿に接木しました。

今年、実をつけましたが、害虫のせいなのか、途中の水遣りがたりなかったのか、鉢植えなのに、いっぱい実がついた

せいなのか、原因は、わかりませんが、全部の実が一夜にして落ちたのです。

来年は、この失敗を乗り越えて、是非我家の自前の渋柿を作ってみたいものです。  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 20:01Comments(0)暮らし

2008年12月08日

ゴミゼロの日







さわやかクリーン環境の日とか言っても、ピンときません。

ゴミゼロの日、短くてわかりやすいです。

この標語のどこが良くないのでしょう?

まあ、それはとにかく、昨日は、さわやか環境の日で、ゴミ掃除に

行きました。道路の端のゴミを拾う組と、公園の落ち葉を掃除する組

に別れて、約1時間、公園の落ち葉もすっかりきれいになりました。

それでも細かいところまでは、行き届きません。残りは、12月の21日

に、することになりました。31日は、初詣の日ですから、その日まで

にすっかり公園を掃き清めておかなければ、初詣に見える方に、失礼で

す。


12月31日午後11時半より、蕨市錦町春日公園にて、お待ちしています。

春日神社の初詣にお出かけください。幻想な雰囲気を味わえます。



http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 10:22Comments(0)町会行事

2008年12月06日

ハザードマップを作りました。



今日は、蕨市の呼びかけで、近所の方々と、ハザードマップを作ることになりました。

公民館に集合し、4町会で、それぞれのハザードマップを検討しました

神戸の震災のひどさを、映像でみせられ、道路の寸断されたさまや、その後の火事を映像で

みせられました。


こんな生々しい映像をみると、いやでも真剣になってきます。

私の福岡の実家は、3年程前の地震の被害にあいました。

タンスや、テレビや、さまざまなものが倒れてきて、ガラスで足の踏み場もないように

なったと聞きました。

土足で3日間暮らしたそうです。

幸い建物は、無事でしたが、ガラス類の危険さは、相当だったようです。

そんなことも聞いていたので、真剣な討議になりました。

しかし、実際に地震にあったとき、自分の家が倒れたら、平静でいられるか、自信がありません。

発表でもいったのですが、まずは、冷静になってから、行動することが一番大事なようです。

靴も履かずに飛び出す人が多いように聞いています。

火事もそうですが、慌てると、被害は、さらにひどくなるようです。

もう一言、地獄の沙汰も金次第という格言もあります。

小銭は、必ず必要です。


http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 18:06Comments(0)町会行事

2008年12月05日

見せれなかったクリスマスツリー









先日の娘の結婚式の前日のことです。

福岡から大勢の親戚が、駆けつけてくれました

私の蕨の自宅からホテルまで送るのに3往復しましたが、

その途中のことです。

蕨の私の自宅に集まってくれた人達を、

浦和のホテルに送る途中に、焼き米坂というところがあります。


その信号のたもとに、

すごい、豪勢なクリスマスツリーを飾るところがあるから、

見せてあげる。と、ああでもない、こうでもないと

いいながら、そら”そこの信号の先だよ”

と直前まで大げさに説明しながら、角を曲がってさあ右手を

ご覧下さい、あれがすごいくりすますツリーです。

と説明しながら、ハンドルを持つ手をにぎりしめ、速度を落として、

右手をみたら、真っ暗でした。

時間をみたら、午後の9時半でした。

”ああ、もうこの時間には、電源を落とすんだね”

親戚の誰かが、慰めに言ってくれました。

しようがありません。

他人様の努力の賜物を、さも自分の自慢のもののように、誇らしげに

自慢していたアホさ加減が露呈しただけのことです。

みんなも楽しみにしていたのに、あ~あ、がっかり、

そこで、昨日時間を見計らって、カメラを持って出かけました。

親戚の人達には、見せられませんでしたが、ネットの仲間の皆様に

写真と動画でみてもらって、この間の埋め合わせをここでしようという

わけです。

焼き米坂にたどりつくと、

そこには、去年よりもパワーアップした、クリスマスツリーが

ありました
。すごい、この努力。

きっと、この家の主人は、何日もかかって準備をしたことでしょう。

近所の人や、車で通りかかる人もカメラをたずさえています。

交通渋滞もするのでしょう、警告の看板が立てられています。

駐車して見物するのは、ご遠慮ください。

当然です。と言える巨大ナクリスマスツリーです。  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 13:14Comments(0)暮らし

2008年12月04日

アトリエが寒くなってきました。





食事の後に1~2時間3帖のアトリエにこもって水彩画を描いていますが、段々寒くなってきました。

隣の部屋の暖房の暖かさが入るようにしていますが、床下からの冷えには、堪えます。

立ち上がったときに、さむさが足をこわばらせています。立ち上がって一歩が、ぐらぐらして危ないこと。

3帖の広さですから、ほんの座るところだけでいいのですが、1条の温熱マットってありましたっけ?

壁に貼ってる絵は、青木繁の海の幸を、模写したものです。色鉛筆で描きました。  

 2ヶ月かかりました。

遊びで描きはじめたのが、段々熱が入り、

最初から大きな紙にすればよかったと、後悔しました。

水彩紙を12枚つなげて描がきはじめたときは、そんなに違和感がなかったのですが、描き終わ

ったころから、紙が反りはじめ半年たったら、ご覧のとおりです。


次回、大きなものを模写するときは、最初から大きな紙を使うことにしようと思いました。

下の写真は、娘の結婚式に使った花束を描いたものですが、まだ頑張って枯れずにいます。  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 18:03Comments(0)趣味の水彩画

2008年12月03日

結婚式に使った花束



娘の結婚式は、11月24日でしたが、そのときに使った花束がかなりいっぱいありました。

ガラスの花瓶に入れておいたら、はちきれんばかりにいっぱいになりました。

余りに花がいっぱいあると、描く気にならないものです。  

ところが一週間もすぎると、しおれてきたのです。

すると、どういう気になったのか自分でもわかりませんが、俄然やる気がでて、

描かないとモッタイナイ気になりはじめました。
けちな根性でしょうか?

手からこぼれ始めて、初めて気が付くおろかさ。

タッチの荒さは、慌てた証拠です。

こんなんで、いい絵には、描きあがりませんよね~。
  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 13:46Comments(0)趣味の水彩画

2008年12月02日

ご近所様の廊下のカーテン

ご近所様から、カーテンの注文がありました。

南側に面した廊下です。日当たり良好、庭には、植木がふんだんに植えてあります。

その廊下ですから、日差しは、強いものがあります。

今は冬ですから、日差しはぽかぽかとして、ありがたいのですがカーテンがないと不便です。

人の目が気になります。日差しの調整ができません。保温効果がちがいます。

騒音も気になりません。

レースをかけると、部屋が随分明るくなりました。







ドレープをかけると、途端に真っ暗です。

そうです、ドレープは、遮音のカーテンを選ばれていたのです。

廊下を挟んで、子供さんのお勉強部屋です。グリーンのカーテンは、目を休め、お勉強に集中させて、

成績が上がるかもしれません。

カーテンで、部屋の雰囲気が変わります。
http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 18:16Comments(0)インテリア

2008年12月01日

これって、果物?



娘が旅行先から、荷物を送ってきました。

その中に果物がいっぱい入っていました、そして、変な色と形をしたものがありました。

ドラゴンフルーツと、説明がついたパンフレットが入っていました。

ざっくりと半分に切って、どうたら、こうたら?????。

あんまりへんてこな形と色だったので、ちょっと走り描きして、色をつけてみました。  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:44Comments(0)おいしいもの