2009年07月31日

ラジオ体操のご褒美









私の町会では、子供達のラジオ体操が夏休みに行われていましたが、

7月31日で終了しました。

今日は、その子供達にご褒美を配る日でした。

初日の21日と、今日の31日は、小学校の校庭で体操をおこないまし

た。

その中間の日は、各地区の広場で行っていました。

私達の地区は、神社の広場でおこなっていました。

今年の天気は、あやふやで体操の始まるちょっと前まで雨模様

だったり、ラジオ体操が終わったとたんに雨が降ってきたり、

必ずと言っていいほど、雨が前後して降っていました。

その雨模様の天気にも負けずに毎朝ラジオ体操に頑張った子供達。

今日はその子供達にご褒美をあげる日です。

例のごとく、6時半のラジオ体操の歌が聞こえ出すと、

ドドット、校庭に走りこんでくる子供達、お母さんが喘ぎながら、

その後について校庭に集まります。

みんな、早起きは苦手なんですね、私も苦手です。

ラジオ体操が終わり、ご褒美を配る前に支部の支部長が夏休みに

事故や病気にならないように、注意を呼びかけます。

子供達と、親も合わせて140人が集まりました。

今回のご褒美は、ジュースです。

ハンコを押しながら、役員さんたちが

並んでいる子供達に手渡しています。

写真を撮っていると、女の子が近寄ってきて、

”ねえ、見てみて、ハンコきれいにならんだよ”

”お~っつ、ならんだ、ならんだ、えらいね~、頑張ったんだね。”

早起きするのは、大変ですが、みんなに会える楽しみ、こうやって、

ご褒美ももらえる楽しみ、そしてハンコが並んだカードは、勲章です。

ラジオ体操の歴史は長いと思いますが、ずっと続けて欲しいとおもいま

す。

皆さんも、ラジオ体操にまつわる楽しいエピソードをおもちではないで

しょうか?

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:10Comments(0)暮らし

2009年07月28日

カルガモ坊や、3羽になっています。





カルガモぼうやが3羽になっていました。

最初見たときは、7羽もいたのに、段々減ってきてとうとう、3羽に

なっています。

ビスケットを上げると、飛ぶように泳いできます。

親の大きさにだんだん近づいています。

まだ、羽が天使の羽のように背中にチョコンとのっかっています。

風切り羽が出てくるのは、いつゴロなのでしょうか?

しばらく見ていましたが、飛ぶ練習は、まだまだのようです。

と、突然何かの音におびえたように、ざざざ~っと、親の近くに

逃げてきました。

恐い思いをしたのに違いありません。

猫だか、カラスだかに兄弟が襲われたのを覚えているのでしょうか?。

おびえた表情を一瞬感じました。

野生で生きていくためには、恐ろしい思いを一つづつ、

乗り越えていかなければならないのでしょう。

見物人があげる美味しい食事と、一瞬の油断で猫などにさらわれる

危険な生活。

美味しい餌が他にないか、探してあげたい気持ちになってしまいます。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:53Comments(0)暮らし

2009年07月27日

田んぼの学校、つらい草刈でした。











田んぼの学校で草取りをしました。

案山子も出来たし、稲の発育も順調にすすんでいます。

田んぼの周りの雑草も、元気です。

そこで、雑草を刈ることになりました。

7月26日の午前7時に集合です。

はかが行くように、鎌を研いで切れ味をよくしていきました。

田んぼは、日当たりがよく、かんかん照りです。

もう30度を越してます。

田んぼの周りの草刈をする人と、田んぼの中に入って、

田んぼにはえている雑草を引き抜く人に分かれて作業。

30分もすると額に大汗です。

”あらまあ、大変ね~、休み、休みしないと、ばてるわよ”

近所の知人が、お茶を買って持ってきてくれました。

”お~い、きゅうけい、きゅうけい”

田んぼの端にいる仲間には、なかなか聞こえません。

”随分熱心だな、気が付くまでやらしておくか”

仲がいいのですが、意地も悪い仲間達です。

しかし、感もするどく、すぐ気が付きました。

”なんだよ、知らせてくれたっていいじゃないか?”

他の仲間がいいました。

”あんまり楽しそうに草取りしてるから、楽しみを取ったら

悪いと思って、”

なんだ、かんだと、ふざけあいながら、休息です。

30度の以上の気温で草刈は、辛いものがあります。

朝の6時くらいからでも良かったようです。

”さあ、もう一息”と、みんなで声かけて、頑ばろうとしていると、

一人遅く来た仲間がいました。

ぶつぶつ言いながら草刈機を持ってやってきました。

何かの反省会で飲みすぎたようです。

”反省会に随分熱心だな”誰かが言いました。

”そうなんだよ、なんにでも手を抜くことが嫌いなもんだから”

”遅れてきた分頑張ってくれよな”

”おいらも、そのつもりだよ”

ああでもない、こうでもないと言いながら、気持ちが通じ合っている

のは、聞いていても面白いものです。

とか何とか言ってると、又差し入れが届きました。

リポビタンが1ケースです。

”冷たいうちにいただこうか?

”ごちそうさま~”

いただいた方に大きな声でお礼をいいながら、またまた長い休憩に

入りました。

暑い中を3時間もやってれば、もうぐったりです。

あらかた、草もきれいになりました。

じゃあ、記念撮影する?ってんで女性の方に撮って貰いました。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage5.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 18:08Comments(0)暮らし

2009年07月26日

7月の25,26日は、納涼祭です。









あんなに雨が続いていたのに、25日は、すっかり夏空が回復しまし

た。

暑い日になりましたが、風が納涼祭の会場を心地よく通り抜けます。

6時開始。盆踊りの曲が威勢よくなり始めると、風に乗って遠くまで

聞こえます。やぐらの上の子供たちも、日頃の成果を見せるがごとく、

元気よく、太鼓をたたいています

6時半にスイカ割り大会が開かれました。

参加自由、無料です。

ちっちゃな子供達から、小学生の高学年までぞろぞろと行列が

できました。

お母さん達の、やんやの声援に励まされ、子供達は、力いっぱい

棒を振り下ろします。

黄色い声援は、いいもんです。

”まっすぐ、まっすぐ、もうちょ右、そこだ、がんばれ、あ~あ、

もうちょいだったね、惜しかったね。”

参加賞のスイカをほおばり、楽しそうに子供達は、次のお目当てに

走っていきます。

水ヨーヨーに、金魚すくい、カブトムシ取り大会、

夏のお祭りは、子供たちには、楽しいイベントです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:02Comments(0)町会行事

2009年07月24日

仮住まいのお客様のカーテンのかけかえ







自宅を改築されるため、使っていない事務所に引越しをされる方が

います。

10年来のお付き合いです。

自営で仕事をされていましたが、現在事務所は、使われていません。

その事務所を仮の住まいにして、自宅を改築されるそうです。

事務所なので、カーテンも何もついていませんでした。

自宅の出窓についていたレールをはずし、仮住まいの事務所の出窓に

つけると、偶然にもぴったりです。

カーテンを付けてみると、丈が少し短いのですが、何とかなります。

ドレープは、もう何の不足もありません。

グリーンの色もあせていませんし、裏地をつけていたので、どっしりと

しています。

10年も使ったとは思えません。

レースもアーチスタイルで、デザイン的にも10年の経過を感じさせ

ずに、いまでもモダンなスタイルです。

事務所の広いスペースの窓は、これは、新しいレールを取り付けるしか

ありませんでした。カープになった大きな窓は、レールを曲げて取り

つけました。

その窓には、目のつんだレースを一重で付けることになりました。

なぜ一重にしたかというと、アルミの枠にダブル付けは、加重がかかり

すぎること、一重で充分と判断したためです。ドレープもかけてくれる

方が値段は高くなるのですが、必要のないものはつけないに越したこと

は、ありません。

あとあとに、納得することがあるものです。

レールを取り付けるときにも思いました。

余りにも薄いアルミの窓枠です、二重にカーテンを付けると、アルミが

変形して、レールが落下することもありえます。

そんなわけで、レースのみで、すっきり仕上げることになりました

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 16:59Comments(0)インテリア

2009年07月23日

”私の絵を描いてください”と、言われました。



人物画を描いたことが少ないのですが、肖像画を水彩で描くことに

なりました。前にフェルメールの真珠の耳飾の女を描きましたが、

そのくらいです。

学生時代はヌードデッサンも数少なく、着衣のデッサンも数えるほど

です。嫌いで少ないのではありません。

私が無理に頼まないからです。

”モデルになってください”と、お願いすると、みんな嫌がります。

恥ずかしさが半分と、出来上がったものがいい出来上りを期待出来ない

のが半分です。

今回は、プレゼントです。

昨年、私の還暦にお祝いをしてもらったので、今年還暦を迎える、

義理の姉に、

”プレゼントは、なにがいい?

と、聞いたところ

”あのね~、一年かかってもいいから、私の絵が欲しいです”

って、メールが送ってきました。

風景や、花の絵は、いっぱい送りましたが、肖像画の依頼は、初めて

です。

しかし、”一年かかっても描いて欲しい”と、言われたら、

断る理由は、ありません。

人物を描くのは、似ている、似ていないという基準がありますから、

難しさもあります。

かの、西郷隆盛の夫人が上野の西郷像を決してほめませんでした。

”あれは、決して似ていないと、”

”鹿児島の軍服姿のほうが一番似ている”と。

だから、その服装にも、納得できるものがあるのじゃないかと

思います。

メールを返しました。

”一番きれいに映ってる写真を送って下さい”

”なんとか、頑張ってみます”と。

やっぱり、豪華な服を着ている写真がいいかもしれません。

プロの友人の画家が言ってました。

”肖像画って、持参の写真よりちょっとだけ、若く描くのが秘訣だよ”

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 10:47Comments(0)趣味の水彩画

2009年07月22日

田んぼの学校に素敵な看板ができました。









田んぼの学校に素晴らしい看板が出来ました。

雨や風にも負けない看板です。

そして、稲の育ちもびっくりするほど順調です。

大事に1本、一本、一年生が植えた苗も分結して、

株もしっかり増えています。

青青とした稲の葉っぱのきれいさ、稲と稲の間に映る空の青さ、

しばらく見とれていました。

今日は、降ったりやんだりの天気ですが、

真夏の暑い日に、稲の間を通ってくる風の気持ちよさを想像すると

なんともいえません。

ご存知でしょうか?

風に揺らぐ稲の美しさを、

そしてその稲の上を通ってくる風の香りを。

そして、その風の涼しさを。

大きな木の下で、そんな風を受けながら

昼寝が出来れば最高です。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:41Comments(0)暮らし

2009年07月21日

ラジオ体操が始まりました。



子供達の夏休みに合わせた、ラジオ体操が始まりました。

小学校の校庭に、6時半に集まった子供達は、役120名、大人が

40名ほどでした。

今日は、小学校の広い校庭を使いましたが、明日からは、神社の境内や

近くの公園などの数箇所に分かれて、お母さん方主体で、ラジオ体操

が行われます。各地区には、体育指導員が付き添って、体操のお手本

になりながら、7月31日まで行われます。

終わった後に、ラジオ体操をした子供達には、星取表のようなハンコを

おすノートが配られます。

子供達は、これにハンコを押してもらうのが嬉しくて、毎朝出かけて

くるのです。

そして、最後の31日には、ご褒美にジュースや、その他の飲み物が

配られます。

途中、こない子も出始めますが、最後の31日は、俄然大勢の子供達

で、小学校の校庭があふれんばかりになります。

また、大人も大勢来るんです。

去年までは、大人にもジュースが配られるほどの予算がありましたが、

どうしたわけか?子供達のジュース代も削られてしまいました。

子供の分は、何とかしようと役員が駆けずり回ってなんとかなったよう

です。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:19Comments(1)町会行事

2009年07月20日

ミス浴衣コンテストをやってみたいものです



散歩の途中で隣の隣のその又隣の町会の広場に盆踊りのやぐらが立って

いました。今週の土日に向けての盆踊り大会の設営でしょうか?

私達の町会も今週の土日に盆踊り大会を企画しています。

飾りつけは、24,25日です。そして、25日の夕方6時から音楽をならして

提灯に灯がともります。

子供達が喜ぶように、すいか割り大会や、カブトムシ取り放題(有料)

などが行われる予定です。

水ヨーヨーも、金魚吊りもあります。

女性は、是非盆踊りにご参加ください。

年々、踊る人よりも、金魚つりや、イベントだけを楽しむ人達が

増えてきているようです。

ミス浴衣コンテストなんかしたらいいのにと、思っているのは私だけの

ようです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage5.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:05Comments(0)町会行事

2009年07月19日

田んぼの学校の案山子作り







今日は、朝から田んぼの学校の案山子作りが行われました。

曇り、ときどき晴れの天気で絶好のお日和です。

実行委員長のあいさつ、各町会の会長の挨拶が済み、約50~60人の

子供達が9班に分かれて、案山子作りを楽しみました。

2~3日前に引越しを完了した息子の衣類をいっぱい提供しました。

子供達は、のこぎりの使い方、ペンチの使い方など、道具類の使用方法

をまったく知りません。

道具を使った遊びをしていないのが一目でわかります。

各班に大人の指導者が付いて、道具の使い方などの補助をしながら、

一緒に案山子作りに取り組みました。

お母さんたちも張り切って、娘を押しのけて楽しんでいます。

中学生が2名参加しました。

彼らは、太郎ちゃんを作りたいと言って麻生さんの顔写真をもって

きました。顔に総理の顔をはり、鉄兜をかぶせて、赤いネクタイを

させました。

出来上がった案山子を立てておいたら、風で倒れてしまいました。

”あ~あ、支える人達がいないから、倒れちゃったよ”

中学生もテレビをよく見ているようです。

アメフトの格好の案山子や、二人の子供を抱えた案山子など、

ユニークな案山子がたくさん出来ました。











この案山子たちを、コミュニティ祭りに出品して、稲穂が色づいた

ころに、田んぼに登場になる予定です。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 13:36Comments(0)暮らし

2009年07月18日

衆議院選挙の影響で、防災訓練の日取りが繰り上がりました。



防災訓練の日取りが、あっちにうろうろ、こっちにうろうろしています

なぜかといえば、衆議院選挙の影響です。

毎年、蕨市主催の総合防災訓練が8月最後の日曜に開催されていまし

た。

去年は、私どもの町会の担当地域でした。

それが、前日の豪雨のため中止になり、翌年に繰り越されたのです。

”またかよ、”、”またなの?”

担当地域の人は、大勢の人達を

集めなければなりません。

面倒なことが多いので、ぼやきもでます。

”まあ、まあ、そういわずに、自分たちのためですから”

人をなだめて、その気になってもらうのも楽ではありません。

それが、1週間繰り上げられることになりました。

8月30日の衆議院選挙と重なりそうだからです。

防災訓練を8月23日にしたいと連絡がありました。

全てが繰り上がってきます。

防災訓練会議、3町会連絡会、防災訓練チラシ作り。

その途中に、盆踊りや、子供達の朝のラジオ体操などの行事も進行

しています。田んぼの学校の案山子作り、

今年の夏は、忙しい夏になりそうです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html
  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 16:39Comments(0)町会行事

2009年07月16日

カルガモ日記、又一羽減りました。



カルガモぼうやが、又一羽減って、4羽になっています。

この暑いのにカルガモぼうやたちは、元気に泳いだり、池からでて、

公園の芝の上を走り回っています。

その早さ、母親鴨もただ見守っているだけです。

足を怪我しているし、そうでなくてもカルガモ坊や達の動きには、

付いていけないでしょう。

ちょっと、目を離すと何をするかわかりません。

小学生の母親のような感じです。いまどきのお母さん方も、子供達の

走り回る動きには、ついていけないでしょう。

私にも覚えがあります。

それは、娘が小学校の2年生のときでした。

成田山の初詣の帰りに野田のアスレチックパークに寄りました。

ここは、縄梯子があったり、池があったり、ブランコがあったり

子供達がとても喜ぶところです。

5時に閉館するのに、4時頃行ったものだから、無料にしてくれまし

た。

さっそく上二人のお兄ちゃん達は、さあ~っと走り去って、どこにいっ

たかわかりません。

家内が言いました。

”暗くなったらいやだから、探してきてよ”

”はいよ”っと、娘の手をつないで、二人のお兄ちゃん達を

探しに行きました。

すると、女の子が、池の手前で、ロープにつかまっているのが見えまし

た。

小学校5~6年生くらいです。

ターザンのように、ロープをつかんでさあ~っと池の中央の筏に飛び

降りたかと思うと、向こう岸にさっと渡りました。

筏は、池の真ん中より向こう岸に近く設定されていて、筏に飛び降りる

のに、勇気がいるのです。

すると、それを見た私の娘が、”私も、あれをやりたい”

と言うのです。

”お兄ちゃん達をさがしてるんだから、やめなよ”

言っても聞かず、とうとうロープを握り締めています。

ロープは二本ありました。

掴む所が少し高くなっています。

そして、さっきの女の子が掴んだロープは長めで、飛び降りる筏に

遠いほうです。

もう一本は、ロープも短めで、筏に近いほうです、低学年用だと思い

ました。

”陽子、お前、そっちは無理だよ””お前がするとしたら、手前の

短いロープだよ”

”ううん、こっちでいい”

どうしても、さっきの女の子に負けたくないのか高学年用のロープを

握り締めています。

そして、勢いをつけたかと思うと、さ~っと、さっきの女の子のように

筏めがけて飛び降りました。

おおっつ、上手く飛び降りました。

と、思った途端、娘は、両手をぐるぐる回して、バランスをとろうと

しています。

よくみると、筏の真ん中よりちょっと手前に飛び降りたのです。

そのために、筏は、手前に傾き始め、

あっという間に娘の体は、池の中に沈んでしまいました。

大きな水の音と、しぶきを上げて、

すっかり池に沈んで見えなくなってしまいました。

そして、ぶわ~っと浮かんだかと思うと、もう泣き叫んでいます。

池からどう上がったかわかりません。

でも、私は、そのとき言いました。

”どうせ、ぬれねずみなんだから、もう一回やれよ”

”うわ~ん、うわ~ん、お父さんのばか~ばか~”

見ると、買ったばかりの赤い靴が片方なくなっています。

泣きじゃくる娘の手を引いて、家内の所へ帰ってくると、

今度は、家内が真っ赤になって怒り始めました。

”お兄ちゃん達を、探しに行ったとおもったのに、その格好は、

一体全体どうしたの?もう、私は、知らない”

かんかんに怒って一人で車の置いてある駐車場にずんずん歩いて行き

ます。

それから、頭を下げ下げ、怒りを解いてもらって、車の中で娘の服を

エアコンで乾かし、風邪を引かずに帰ってきました。

人間ですら、小さな子供を育てるのに、いろんなことがあるものです。

ましてや、野生のカルガモも、もっと大変なわけです。

7羽のかるがも赤ちゃんが今は、4羽のカルガモ坊やになりました。

果たして、何羽が巣立ちをむかえることができるのか?

これからも、目が離せない親子です。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage5.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:19Comments(0)暮らし

2009年07月15日

梅雨が開けたとたんに蝉が鳴き始めました。







暑いですね~。朝から大変な暑さです。

散歩も億劫になりがちです。

ゴルフに夢中だった頃は、朝の4時には、目が覚めてたものです。

6時の集合時間にまだか、まだかと気がせいたものです。

ところが今は、暑さに目が覚めても、二度寝をむさぼるいいかげんさ

です。

”お前、ちょっと、ねじがゆるんでや、しないかい?”

きつい上司がいたら、一目できつい言葉をかけられそうです。

”も少し頑張れよ、なまくらになるには、まだ早いんじゃないのか?”

そんなことを考えながら、

”よし”、今日も散歩だ”

ねじを巻き直して出かけました。

暑い、暑い、梅雨が開けたとたんに夏日です。

水分補給をしながら、1時間半、歩きます。

すると、どこからか蝉の声がきこえてきました。

確か昔も夏休みの一週間前頃に蝉が鳴き始めた

記憶があります。

最初の頃は、にいにいゼミ、それからアブラゼミ、そしてクマゼミ

子供の頃は、夢中で木に登って蝉取りをしていたものです。

今の子供は、ゲームなどで遊んで季節感がなくなってきていますが、

皆さんの夏の楽しみは、なんでしょう?


http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html

  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:58Comments(0)暮らし

2009年07月14日

釣りたての鯵と鯖をご近所さんに頂きました。


ご近所さんに、釣りたての新鮮な鯵と鯖をいただきました。

鯖は、普通の大きさとおもうのですが、鯵は、とても立派な大きさで

す。

鯵は、何度もいただきましたが、こんなに大きいのは、初めてです。

ご近所さんは、千葉の外房にいつも出かけられるようです。

早速、家内が料理をはじめます。

”あ~、ゴマとめんつゆがない、急いで買ってきて”

”よしきた、まかせて” と、近くのスーパーに買物です。

帰ってきたらもう三枚におろしていました。

めんつゆにすりゴマをまぜて、そこに鯵と、鯖の切り身を漬け込みます

約10分、これを熱いご飯にかけて食べます。

新鮮だと臭みがありません。

薬味に、おろした生姜をたっぷりのっけます。

後は、豪快に食べるだけです。

鯵に卵がはいっていました。鯖には、白子が入っていましたが、

どちらも煮付けにしました。あとは、味噌汁だけです。

”野菜があればね~”と、言いますが、もう充分です。

食べ切れなさそうです。

念のために娘のところに電話しましたが、通じません。

”まだ仕事かな?”

このめんつゆとゴマを和えて食べるのは、家内がテレビで知ったようで

なかなかいけます。

ただし、魚が新鮮でないとよくないようです。

なんか、船の上でする漁師の料理のようです。





簡単だけどおいしい。薬味に生姜か、わさびがあれば充分です。

もうだめだ”お腹いっぱい、

と、”ピンポーン”のチャイムの音。

無理して食べ終わった時に娘が来ました。

あ~あ、せっかくおいしい鯵と鯖のづけがあったのに、電話したのに

連絡しないから、無理してたべちゃったよ”

それでも、家内は、魚の切り身を持たせたようです。

あしたは、ムニエルか、ソテーか?

30センチ級の大きさの鯵と、鯖は、食べ応えがあります。

ご近所さん、ありがとう。又お願いします。


http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 11:17Comments(0)おいしいもの

2009年07月13日

カルガモぼうや



久しぶりに動き回っているカルガモの子供達をみました。

最近は、お昼ねの時間がはやくなったのか、いつも寝てばかりでした。

今日は、池の中を動き回っています。

母親のカルガモは、じっと見ているだけですが、犬を連れた散歩づれ

が近づくと、大きく鳴きます。

警戒の声なのでしょう。散り尻に遊んでいたカルガモの子供達は、

さ~っと、母親の周りにあつまります。

餌をあげると、食欲旺盛で、鳩と比べても見劣りがしないほどに

なってきました。尾羽も伸びてきました。

風切り羽は、まだまだです。

この羽が生え始めると、飛ぶ練習をするのでしょうか?

楽しみなことです。


http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage.2html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:09Comments(0)暮らし

2009年07月11日

強風で接木した柿の木が折れてしまいました。







仕事から帰ってきて、庭の柿の木をみると、ボッキリ折れています。

今日は、時々強い風が吹いていました。

そのときの強風に折れたんだと思います。

せっかく接木して、大きくなり始めたと思ったら、この始末です。

ちょうど接木した部分から折れています。

皮一枚つながっていましたので、添え木をがっちりして、ヒモで

がっしりと結びました。緊急手術は、何とか上手くいったようです。

今後の風のことも考えて、3本の枝を20センチづつ、剪定しました。

たぶん、くっつくと思いますが、順調に成長していたから、油断しま

した。

何の心配もなく成長していると、一瞬の油断から事故が起こるものなん

ですね。

苦労しながら、大きくなったほうが丈夫に育つようです。

その点、イチジクは、何度も何度も葉を落としながら、ようやく丈夫に

なってきました。これからもまだ気がぬけません。

友人から貰った、フランス産のいちじく。

何とか物にして、あの甘い実をみのらせたいものです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 09:50Comments(0)暮らし

2009年07月09日

区画整理で柿の木が伐採予定です。



私の住んでいる地区も区画整理が進んできました。

友人の住宅は、年末に移動が決まりました。

その前に、道路が整備されます。

その道路に庭の柿の木が引っかかるのだそうです。

何とか伐採せずに、移動したいと庭師にそうだんしても、

柿の移植は無理なんだそうです。

根の張り方が他の木と違い,移植がしにくい樹木なんだそうです。

この柿は、渋柿ですが、種がありません。

干し柿にすると甘くておいしく、誰にも喜ばれます。

毎年、11月の初めには、大勢友人の庭に集まって、

この渋柿の、皮を剥いたり、

干し柿にして散々楽しんできました。

なにせ、豊作の歳には、500個も収穫できたんです。

それが、今年の10月の初めに伐採されることに

きまりました。

この木から接木したものが、すでに私のところに

3本あります。

1本は、ようやく7年ほどたちました。

あとは、まだ幼木です。







他にも今年5~6本接木してうまくいきましたので、

種無し渋柿の子孫の心配はありません。

でもみんなで楽しむには、あと数年かかるでしょう。

近所のおばあちゃんに言いました。

”この渋柿は、干し柿にするとうまいんだよ”

”ほれ、去年の暮れにうちの庭さきに干してた干し柿をあげたろ?”

”ええ~っつ、そんなの貰ったっけ?”

”脚立に登って、取って上げたじゃん”

”楽しみに食べようと思ってたら、ほとんど爺様に食われちゃった” って、

こぼしてたろ?”

”ああ、ああ、思い出した。”あの干し柿か”

”そうだよ、今年は、又実が落ちちゃったけど、来年は、絶対なるよ”

”そうかあ~、それはたのしみだなあ~”

年寄りは、楽しみが段々少なくなってきています。

近所のおばあさんに、たわいもない戯言ですが、

それでも、楽しみがあって、私の家の渋柿を楽しみに眺めていれば、

憂さも晴れるというものです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage3.html



  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:46Comments(0)暮らし

2009年07月08日

Jさんの家のカーテンを取り替えました。





Jさんから電話がありました。

”カーテンの見本帳を見せてくれない?”

以前まだ使えるからと、厚地のカーテンを取り替えてない窓が

ありました。

さすがに飽きられたのか? それとも日差しが強いので取り替える気に

なられたのか?

今回は、暗幕裏地をつけることになりました。

やさしいグリーン系の厚地にグリーンの暗幕裏地をつけることにしまし

た。

”Jさん、レールを取り替えてみませんか?”

”どうして?

”ずっと、すべりがよくなりますよ”

”すべりの良いレールをつけると、カーテンの開閉が楽になりますし、

気持ちの良いものです。”

と言うことで、大きな回転式のランナーの付いているレールに取替えま

した。

カーテンの開け閉めがスムーズでないと、カーテンも傷みます。

レールの長さを計っていると、隣の窓が気になりました。

横の窓のカーテンの丈が合っていません。

”なんか、丈があってないようですが?”

”そうなのよ、息子のマンションのカーテンを何年か前にやってもらっ

たでしょう?”

”雰囲気を変えたいって、ドレープがいらないっていうからもらってき

たのよ”

”ほんのちょっとだけなのよ””そうね、丈が5センチくらいかし

ら?”

”じゃあ、ちょっと丈を長くしてみましょう。5センチくらいは、

可能ですよ”

と言うわけで、丈なおしもすることにしましたが、3~4年前の

カーテンですから、ちっとも傷んでいません。

これを廃棄処分にするには、もったいなさ過ぎます。

最近は、カーテンの直しも多くなりました。

直しをして、まだ何年も使えるようなら、やったほうがいいと思います

案の定、丈を直して、かけてみると新品と遜色がありません。

隣の窓は、新しいカーテンに暗幕をつけましたが、やはりどっしりと雰

囲気が違います。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage5.html
  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 10:48Comments(0)インテリア

2009年07月07日

カルガモ日記、又一羽減りました。





子供を育てるのは、人間も、カルガモも大変です。

先日まで6羽だったのが、今日は5羽に減っています。

昨日は、一塊になって寝ていたので、わかりませんでした。

今日は親子で泳いだり、散歩していたりしていたので、数を数えたら

やはり一羽足りません。

見物のおばさんが言ってました。

”みんな、猫がやったんじゃないかって,いってますよ”

この前は、カラスを追い掛け回していたので、犯人は、カラスに

なっていました。

今度は、猫です。

襲う動物が何種類も何匹もいるのは、大変です。

昼間は、カラスで夜は猫では、母カルガモは、寝る暇も

ないようです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 12:10Comments(0)暮らし

2009年07月06日

蓮の花が咲き始めました。







散歩の途中にある三学院さんの境内をチラッとのぞいて帰ろうと

したら、咲いてました。

蓮の花が。

白い蓮の花は、気品があります。

芍薬も、牡丹も素晴らしいのですが、この蓮の花は気高い

雰囲気をもっています。

先日の雨の日に、雨粒が蓮の葉に落ちる音を聞きました。

道路に落ちる雨の音とは、一味もふた味も違った音に聞こえます。

なんだか柔らかい音に聞こえます。

私には音楽を説明する才能がありませんが、とにかくいい音に聞こえま

す。

いろんな植物の葉に落ちる雨の音は、それぞれ別の音がするのだと

おもいますが、蓮の葉に落ちる雨の音は、心地よい響きです。

http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage4.html  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 18:17Comments(0)暮らし