2009年09月21日

青い渋柿を干してみました。









友人の家が10月初めに地鎮祭をするそうです。

そして、その場所にある渋柿を連休明けに切り倒すそうです。

何でも柿を他の場所に移しても、ほとんど枯れてしまうそうです。

”実をいっぱいつけた柿を切り倒すのは、忍びない”と。

そこで、”まだ青いけど、なんとか干し柿にならないか?”と、

友人が昨日電話をかけてきました。

そこで、朝から出かけて行き、

少し色が付きかけた実だけ、もいできました。

約50個、ありました。

とにかく、皮を剥いて、干してみました。

渋柿は、青くても剥くと手が真っ黒になります。

皮を剥いて紐でくくり、熱湯に1秒つけて消毒です。

これでカビが生えにくくなります。

消毒した渋柿を、竿に干すと、なんだか上手くいきそうな雰囲気に

なりました。

1ヶ月早い干し柿作りです。

果たして渋が抜けて甘い干し柿になりますか?

どんな干し柿になるか、楽しみです。

それにしても、切り倒される柿木がふびんです。

子供達は、干し柿作りなど鼻にもかけませんが、

柿の木に登ったり、食べたりした昔の遊びは、

今でもなぜか楽しいのです。

筍掘りや、山芋ほりなど最高の遊びです。

ウサギ狩りや、イノシシ狩りもこの種の延長だと思います。

自然を相手にした遊びは、幾つになっても楽しいものです。


http://www.warabi.ne.jp/~fabric21/newpage.2html



  


Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 21:12Comments(0)おいしいもの