2012年06月13日

このユリの名前は何だろう



グリーンセンターに行って、温室の睡蓮の前に陣取っていると、

”ちょっとごめんなさいね、すぐすむから”と、

カメラを持った中年のご婦人と、若いイケ面の男性が

私のスケッチブックの前に立ちはだかりました。

順番を待てない人たちです。

怒ってもしょうがないので、

”どうぞ、ぞうぞ、存分に”

といって、温室の周りを散歩して戻ってきても、

まだまだ、同じところで睡蓮の写真をとっていました。

10分くらいで済むかと思ったら、とんでもない。

画材を片付けて、他の花を探しました。

近くにユリの花があったので、じっくり描くことにしました。

しかし、あのカップルは、何だろう?

女性は、70歳少し前くらい。

男性は50前後です。

顔かたちはどう見ても親子ではありません。

写真教室のイケ面先生と女性生徒かな?

そんなことを想像しながらユリを描いていると、

後ろに人の気配がして、そのままじっと眺めている様子です。

”お上手ですね”

年配の男性でした。

”私も水彩を描いているんですよ、”

そう言って、画帳を開いて見せてくれました。

”先生について、習っているんです、もう5年になります。”

そんなことを、楽しそうに話してくれました。

何ででしょうかね、いつも誰かが話しかけてきます。



同じカテゴリー(趣味の水彩画)の記事画像
桃を描きました
グラジオラスを描きました
蘭の展示室は、熱帯でした
紫陽花を描きましたその2
紫陽花を描きました
トウモロコシを仕上げました
同じカテゴリー(趣味の水彩画)の記事
 桃を描きました (2012-08-08 23:53)
 グラジオラスを描きました (2012-07-25 18:55)
 蘭の展示室は、熱帯でした (2012-07-20 10:37)
 紫陽花を描きましたその2 (2012-07-13 21:59)
 紫陽花を描きました (2012-07-12 13:56)
 トウモロコシを仕上げました (2012-07-11 20:14)

Posted by 青ちゃん (有)ファブリックバンテア at 20:15│Comments(0)趣味の水彩画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。